脊柱管狭窄症手術後の症例

明石市の寿整骨院が「脊柱管狭窄症手術後の症例」のお悩みを改善します!

先日80代の男性で、5か月前に脊柱管狭窄症の手術を受けたが、まだ腰~臀部~左足にかけてしびれと痛みが残っているという患者様が来られました。

この様に腰の痛みは楽になったが、しびれや足のだるさなどは残ってしまうことがよくあります。
また、手術を受けていったんは症状がよくなっても、その後、再発する場合もよくあります。手術を行えば術後4~5年は7~8割の人が良好でも、その後に再発される方もおられます。
これは日本整形外科学会診療ガイドライン委員会、腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン策定委員会から、 『腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン』でも報告されています。

この患者様に行った治療は、腰ではなくふくらはぎと股関節の調整でした。
施術後、腰~臀部~左足にかけてしびれと痛みが軽減され、喜んでおられました。
この様に必ずしも、脊柱管狭窄症であっても腰を以外にも痛みの原因があることがよくあります。
その為手術をしても思うように改善されない事もよくあるのだと思います。
こうしたことから、手術を受けるかどうかの判断は慎重に行うべきだと思います。

 

トリガーポイント整体を施術されたい方は、お気軽にお電話ください。また別途保険治療・交通事故治療もおこなっております。

明石駅徒歩3分 | 寿整骨院

tel:078-995-9906

明石駅徒歩3分。
〒673-0886 兵庫県明石市東仲ノ町6-1-114
アスピア明石北館 1F

  • 予約の患者様を優先させて頂きます。
  • 直前予約でもお気軽にご連絡ください。
時間
9:00〜13:00
16:00〜20:00

※受付時間:月・火・木・金曜は9時〜13時 16時〜20時、水曜9時〜13時、土曜9時〜15時

※土曜日は15時までとなっています。